2011.09.06 火曜日

彫金でストレス解消!?

本日ご紹介するのは

八王子駅からバスで10分程

味のある親しみ深い商店街の近くにある

まさに工房!と言う雰囲気の彫金教室「オロクラフト彫金教室」です!



(まるでジ●リ映画に出てきそうな味わい深い工房内)

こちらのお教室では

最初はまずリングを3つ制作するところからスタートです!

初めての方でも扱い易いワックスでの制作が主体なので失敗が少ないのが魅力!

そして大人数でのお教室は行わないので、一人一台の機材でじっくりと作り込むことが出来ます。

作業中はいつも和気あいあいとした雰囲気だそうで、これは少人数制ならではですね。





(生徒さんの作品)

他では先生がやる行程もこちらでは生徒さんの手で『完全に作り込む』事が出来ます!

その為作業に集中するので、色んな事が忘れられストレス解消にもなると言う生徒さんが多いそうです。



(最近新車が欲しい!と計画中の先生)



職人であるおじさまの影響ではじめたお教室。

そのおじさまを見て育った先生の指導は細部までしっかりと見て下さいます

なので、最初は忍耐力が必要ですがそれを乗り越えれば本当に全て自分の手で作り上げる事が出来る

達成感と感動を味わえます。

皆さんも、この素敵な空間でストレス解消と達成感を味わいに来て下さい!

(村民 Y.K.)

*おとなの芸術村 習いたい*

geijutsu_staff | Comment(0) | Trackback(0)

2011.09.06 火曜日

3分の魔法使い

今日のブログはスペシャル版です★

何がスペシャルかは・・・最後まで読んでくれた方だけに分かります!

調布駅からバスで18分ほど

穏やかの住宅地の一角に本日ご紹介する「Maki cooking salon」があります。

ご存じの方も多いと思いますが、

こちらはなんと3分クッキングでおなじみの牧先生(お嬢様のまさ美先生のお教室は小金井にあります)

のお教室です。

世界各国のお皿や、工芸品で彩れれた玄関をぬけ広々としたリビングとキッチンがお教室となります

習い事・お教室 スタッフ取材紀行 

(広くて整頓されたリビング)

取材当日は豚トロと野菜の煮込み料理を制作中だった先生。

とてもあり合わせのモノでとは思えないほど良い匂いが立ちこめていました。

スタッフ取材紀行 スタッフ取材紀行

(広々としたシステムキッチンと一昨日から煮込んでいるという豚トロと大根。美味しそうです)

お教室に来るのは優しい方ばかり

共同作業で力を合わせて作り上げてゆく

人間性の訓練にもなり、お友達も増える。

お教室のムードがお料理の味にも反映!笑顔溢れるお教室の料理は美味しい!

遠方の方が多い

ご自宅のキッチンを開放・・・生活の知恵、家庭というものも学べる

習い事・お教室 スタッフ取材紀行 

(上品で優しい笑顔が素敵な先生)

海外旅行に行って再現メニューを作るのが楽しい

郷土料理の持つ奥深い美味しさやパワーには毎回圧倒される

今回はなんと!人気の高い「四季の創作和食」のレシピを考える時の心がけをまとめたエッセイを

先生より頂きました!初公開と言う事で必見です!

------------------------------------------------------------–

今日もおいしかったね!   牧 弘美


 牧クッキングサロンを開講して36年になります。その間奈良から東京へと3度の引っ越しをして

今の調布深大寺に居を移して28年。
12~13名の生徒が入ればいっぱいになる小さな我家のキッチンが私の仕事場です。
いくつかの講座の中に和食が大好きな方の為の「創作和食」のクラスがあります。

生徒は20~70才代と幅広く、25年以上も通って来て下さる方もいれば、今日が初めてという方もいて、

メニュー作りが結構難しいのです。
最初は力不足もあり苦労も多かったのですが古希を過ぎると不思議な位肩の力も抜けて、

今は美味しい料理を考えたり作ったりして集中している時が一番楽しい時間です。


 さて、和食の大切なテーマは「四季の彩り」であり「旬を味わう」にあると思います。春夏秋冬を目で楽しみ、口で味わう事の出来る私たち日本人は本当に幸せです。


 私の住む武蔵野の面影を残す深大寺界隈には雑木林もあり、農家の野菜畑もいっぱいあります。散歩は私のメニュー作りの時間です。

日々色づいてくる野菜達は季節の色に溢れています。今頃は茄子が太陽を弾き返さんばかりに光っています。

玉葱黍もすくすくと育って、茶色のヒゲが風にそよいでいます。今日はきっと収穫されるでしょう。そうそう今月の和食にサプライズ料理で登場させましょう?

実習で出来上がった食卓はまさに季節の資機材になっているから不思議です。

あちこちから「美味しいわね!」の声が聞ける時が何よりの幸せです。天地の創造主に感謝です。


 生徒さん達の為にメニュー作りで心がけている事があります。


①材料が手に入り易く、家庭ですぐに作れる事…旬の出回りものを大切にする。


②野菜たっぷりのヘルシーメニューにする。


③一物全体食…食材の無駄を出さず全部使い切ること


④新しい発見のあるサプライズ料理…「えっこれって何」「こんな食べ方あるの?」みんなの驚く顔が楽しみです。

以上を踏まえて、レシピーは解りやすい、作りやすい、信頼できるものにすること

が大切だと思っています。


------------------------------------------------------------–

スペシャル版の意味分かって頂けましたでしょうか!

皆さんも是非先生のお教室に行ってみてはいかがですか?

(村民 Y.K.)
*おとなの芸術村 習いたい*

geijutsu_staff | Comment(0) | Trackback(0)