ラオス企画

協力企業

村への支援

H.I.S. 一般社団法人 民際センター アートヴィレッジ出版 ソトコト 村への支援

現地画像

 ラオスではほとんどの子が図画工作を経験したことがありません。図画工作を経験する事は、子どもの情緒面での成長を促し、想像力や洞察力を養うとても大切な教育カリキュラムです。自身の創作活動を通じて、自分と他者、社会や世界との繋がりを認識し新しい世界を知ること。それは生きて行く中でとても意義のあることです。
 また経済効率を追求するあまり様々な矛盾が顕在化している今、21世紀型の社会を考えていく中でアートを生活の中に取り入れていくことが、新しい社会づくりに大きな役割を果たします。その胎動を子どもたちの中から、そして日本からアジアへと広げていきたいと考えています。

現地画像

第1回ポントゥン村美術プロジェクトの様子

 

企画概要

芸術家・日比野克彦と共に、ラオス・ポントゥン村にある小学校の子ども達に図画工作を教え、アートの楽しさを経験する機会をつくります。

<日程> 2012年11月24日(土) ~ 30日(金)
★東京・成田空港発
<費用> 261,000円
★ラオス滞在中は民際センター現地スタッフと日本語ガイドが同行。
<主催> H.I.S.
<企画協力> 一般社団法人 民際センター
<協賛> アートヴィレッジ出版ソトコト
<ポイント>
  • ・のどかな田園広がる村の小学校を訪ねて子ども達や村の方々と交流!
  • ・芸術家・日比野克彦と共に図画工作の楽しさを子ども達と分かち合います!
  • ・ツアー参加費の一部で子ども達が学校へ通えるようになります!
  • ・ツアー参加費の一部で奨学生を支援します!
  • ・ツアーの様子は雑誌ソトコトにて特集記事を掲載いたします!
<ツアー日程詳細> ツアー日程詳細を見る
<お問い合わせ> 民際センター 03-6457-5782 info@minsai.org 担当:関口・長

会員様はこちら

ログイン

新規無料会員登録はこちら

会員登録